【知らなきゃヤバい!】貫通式オナホと非貫通式オナホのメリットとデメリット

オナホスト
オナホスト

オナホに大きく分けて、貫通式と非貫通式のオナホがある。

2種類とも気持ちいいのだが、自分に性感に合ったオナホを手に入れるためには、各タイプにおいてメリットとデメリットを知っておくことが大事だ。

 

貫通式オナホのメリットとデメリット

貫通式オナホは簡単に言えば「ちくわ」みたいな感じ形状だ。

その名の通り貫通式なので向こう反対側まで穴が空いているトンネル状態だ。

昔では主流のオナホだったが、今では非貫通式が多くなり貫通式はあまり見かけなくなったのが現状である。

 

貫通式オナホのメリット

オナホの洗浄がしやすい

貫通式の最大のメリットはオナホの洗浄が楽だという点である。

トンネル状になっているため、水道水で穴から流し込めば綺麗に洗い落とせるのが楽でいい。

指先だけで洗えるため清潔に保管ができる上、寿命と耐久性も維持できる。

 

悪臭がしづらい

オナホの内部はヒダや複雑な構造となっているため、水分が残りやすく精液のたんぱく質が残りがちで雑菌が繁殖しやすい。そのため悪臭が発生しがちだ。

だが、貫通式は穴が塞がっていないので、洗浄後の乾燥がしやすいため悪臭がしづらくなる。

 

セックスの時にも役立つ可能性がある

女性とのセックスの時、オナホで責められるプレイもあります。

女性の体ではなく、あえてオナホでやられて興奮する。その時に貫通式だと亀頭を出して楽しめる。

亀頭だけ出してペロペロと舐めれるとかなりの絶頂ものだ。貫通式オナホ+亀頭フェラチオは出会ってはいけない二人のような関係である。

この興奮の後に本番の挿入は言うまでもないだろう。

 

 

貫通式オナホのデメリット

 

 

非貫通式オナホのメリットとデメリット

 

非貫通式オナホのメリット

 

非貫通式オナホのデメリット

 

 

【ハマりすぎ注意】オナホ殿堂入り確定のおすすめ人気ランキング
タイトルとURLをコピーしました